2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.02.07 (Tue)

一行目と最終行がメイン

あんにょん

さてシリア情勢ですが、国連決議が否決されましてアメリカの面目まるつぶれです
アサド大統領にお墨付き与えちゃったようなもんですね
てか国連決議、これはロシアと中国の拒否権発動によるものなのですが、これはロシアがメインすね
ロシアはシリアに海軍の補給基地を持ってるそうで、あと去年のリビア決議に棄権して、結局カダフィ大佐がちんでしまったのが外交的な失敗であったようです
ソビエト時代からリビア・シリアとは友好国なんですね、で、片方がちんでしまったので、残りのシリアだけはどうしても手放せないと、そういうことらしいす
あとは人道上の、っていう語句
これが内政干渉の大義名分と化しつつある現況、ロシアと中国は脛に傷持つ身ゆえにこの流れはみずからの足元を将来的に揺るがしかねないという判断をしたのでしょう
ともあれ
アメリカの考えていたようにはいかんかったというわけです
どうする、まあ経済制裁やら外交関係の断絶やらいろいろ次の手はあるんでしょうけど、シリアだってもうあれだよロシアと中国とイランとだけ仲良くやってればいいんだよー的な開き直りも見せてるので、あんまり効果なさそうです
こういうときは地域プレゼンスを発揮するものとしてのアラブ連盟とかあるわけですが、肝心のエジプトがあんななのでどうも役に立つんだか立たないんだか、しばらく泥沼が続きそうですね、シリアの人はたいへんです
そもそもエジプトに引導渡したのがアメリカなので、ある意味自業自得っていうかなんだ、がんばってくださいとしかいいようがない
またぞろ愁嘆場とかをわたしらはメディアで見せられるんだろうなあ、あ、そもそも論ですがシリアの反政府勢力というのはアメリカとサウジアラビアの支援を受けてるので、まあそういうことです
ウィキリークスでばれたらしい
まあでもシリア軍21万のうち4万は離反しただとか、政権幹部に多いアラウィー派に対するスンニ派の悪感情とか、そんな話はもれ伝わってくるのでそのうちアサド政権は崩壊するんでしょうけどね
これどうなるんでしょうかねえ
アラブで民主主義とかやったらなんか、いまの独裁政権より統制がとれなくなりそうな気もするんですが…あれかな、トルコとかが手本になるのかね
チュニジアではトルコを手本にしてるらしいすね、うまくいってないけど
てかトルコがうまくいってるのかしらんけど
あそこいっつも宗教政党が第一党になっては軍部に非合法化されてるイメージしかないのですがー

どろん
19:04  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovelovegreengables.blog53.fc2.com/tb.php/374-c344fd61

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。