2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.08.09 (Tue)

5-3

Anne みつちー でかいひと くつ (敬称略)

逆転ラウンド 早押しクイズ
スタート時 A7-み8-で6-く7
選択ジャンル A:歴 み:漫 で:ス く:エ
みつちーさんが漫画なげてんのは前クレでわたしとくつさんと同席してて、みつちーさんエンタメなげて沈んだからだと思います
だもんでこれ勝ちに行く本気の選択、とわたしは受けとめました

1問め:スポーツ
なんか忘れたけどわたしわかんなかった
順当な順番で三人正解
1st:でかいひと○ 2nd:みつちー○ 3rd:くつ○
A6-み9-で9-く7

2問め:エンターテイメント
英語圏の童謡的な問題
ぐろいのかなこれは
問題文もその正解も見たことはある、けどわすれた
ここは答えたくつさんが普通に強かった、すばらしい
1st:くつ○
A5-み8-で8-く12

3問め:歴史地理社会
ラシュモア山の/でつっこみました
☆勘定からいってここで1stとらないと後がないから、ただふつうのマッチングならもっと自重する
ライテだからね、勝ちに行かないと意味がない
本気でやれっつったらわたしはここ、歴史とれんでなにが歴史つかいかよっていう
並び順でいけば最後に来るリンカーンで正解
二人は確定まで待ったのかな、ここ知りたいとこなんだけどわからないっす
1st:Anne○ 2nd:でかいひと○ 3rd:みつちー○
A8-み8-で9-く11

4問め:漫画アニメゲーム
レトロゲーのボーナスキャラ倒したら何万点?的な問題
ここなんだよ
まずはだれも押さない
まあ順当にいけば1・・・あとの0はいくつあるか知らねーけど、それでいい、確率は高い
でも意外と2・・・とか、5・・・とかの可能性はあるわな
あと4択とか
なやむ、いくかいかないか
だれも押さない
このままいけばでかいさん合格、まあ、それでもいいかなとちょっと、前問の押しがきたなかったのもあって、そう思った
気をゆるめた
だれも押さない
このままタイムアップか・・・まあ・・・と思ったら

みつちーさんが押した

1・・・00万点

1st:みつちー○
A7-み13-で8-く10

終了



しびれる一戦でした
しかし決勝に進んだのはやはり、決勝に進むにふさわしい二人でした

・・・というおはなし
アンサーアンサーはおもしろいね
23:03  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

感想戦

せっかくなので、今回は感想戦を。

予選Rは山分けでエンタメを誤答したところがひとつの分かれ目で、アレをパスしていたら2位はあったのではないか。
逆転Rは、見たことのある問題(2問目)と勝負に出るべき問題(4問目)で押せなかったことが全て。
どちらかが取れていればわからなかった。
といったとこでしょうか。

twitterでも書きましたが、安易に結果を求めるより、緊張感のあるセットを味わいたく、その考えで行き着いた先が「合格するまでオール時報」というわけです。
合格を目指す側も、時報に参加しそれを阻止する側も、お互いにガチで。かつこちら側は一回も失敗できないというシチュエーション。
この状況を、少なくとも今のところは楽しめております。
なので、次回以降もご都合つくようであればぜひご参加下さい。

最後に1冊本を紹介させてください。
「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」という本があります。
タイトル戦の観戦記(またはエッセイ)とその後日談からなる内容です。
羽生さんの思考というか、そういったものが将棋ファン以外にもわかりやすく書かれています。
勝敗を急がない、均衡の取れた局面が長く続くことに感じる喜び、などなど。

興味があればぜひご一読下さい。

それでは、次回のBro.LTをお楽しみにw
でかいひと |  2011.08.11(木) 00:20 | URL |  【編集】

>でかいひとさん
先日はどうもでしたー

あれはまあ、くつさんがおみごとでしたからね、のこり1枠になってどうなるかってとこでね、突っ込んでみたら対応されて、それで気持ち降りたところにみつちーさんだったもんで、ああみつちーさんすげえや、と
すげえっていうか、本気できてくださいってでかいさん言ってたじゃないですか、で、わたしも本気でいったんですがそれ以上に、その言葉をちゃんとここまで受けとめてくれるひとがでかいさんちかくにいるんだなっていう、なんつーか…そんなの
いいもんみさせてもらいました、たのしかったです

わたしは時報はともかくライセンステストそのものに否定的だもんでちょっと立場がちがいますけど、でかいさんが合格を主眼においているわけではないということに関してはなんとなくわかります
自分が賭けるものに比例して温度はあがる…みたいな、手段としてのライテ、そういうことなんかなあ
まあ、ほんとうにこれはひとそれぞれですからあまり慮るのもあれなんですが、本気でこいっていうなら本気でいきます
つぎも落とします、さきにあやまっとくぜ!
さーせん!!(プロレスのマイクパフォーマンスにちかい)

将棋すかー
将棋…将棋はぜんぜんわからんのですが、棋士には興味があります
勝負師ってのに興味があります
そのひととなりが知れるのであれば、思い出したように買ってみようかなあ…
Anne |  2011.08.11(木) 22:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovelovegreengables.blog53.fc2.com/tb.php/332-5c3c6ccb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。