2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.11.14 (Sat)

だいたいおんなじまいにち

そいでまあまあそれなりおけー

なんですが、やー今週はほんとうに、なんもなかった
ごはんもいっつもなすのやいたのたべてたしなあー、あ、わたし、ふだんは粗食です
てか気に入ったのをあきるまでたべるタイプっていうの?秋なすがおいしいので、ついついたべてしまう
きょねんはさんまばっかりたべてました、そのまえのとしはなめたけのみそしるばかりつくっていたし、なんていうか、めんどくさがりっていうか保守的っていうか、なんなんでしょうね
そしてまだやきなすはあきません、そう、きょうも、なすたべました
おいしーい

あそうだ読書の秋だ、それでいこう
そうわたし、ここんとこようけ本をよんでました、なんでかっていうと、あれ、三国志のやってるってかいたじゃないですか、あれさー、なんかすっごい時間がかかるんですけど!
わたしはひまなのでだらだらやってるわけですが、さすがにひますぎる、というわけで本を読んでいたのです
合理的です

東京の下層社会
明治~大正くらいの東京の、いわゆるびんぼう人ってのはどんなくらしをしてたのかっていう本です
まあなんていうか、明治維新ってのはなんだかずいぶんとハイカラなもののような気がしてますが、じつはそうでもないぜっていう
でね、そういう人たちの社会を、当時の新聞記者とかそんな人たちが変装して取材してる、そんなルポルタージュから読みといていくのですが、これがまたまあほんとうに、びんぼうです
そのひぐらしってやつだ、そして、そういう人むけに残飯やさんってのがいて、これがなにかといいますと、そのまんまの意味です、残飯を売る
これ江戸時代とかもあったのかな、いまはホームがレスな人たちが独自ルートを開拓してますが、明治のころはそういう商売がなりたってたってことだから…そうとうみんなびんぼうだったんだとおもいます、大人気だったんですって
そして一膳飯屋っていう、びんぼう人むけの食堂があって
深川飯とかもつ煮込みとかはここから生まれている、もつ、そのころはあれ、そういうのはすてるとこだったんでしたっけか
ほうるもん→ホルモン、けどわたしが読んだかんじだと、一膳飯屋のごはんはおいしそうでした
これは現代人の感覚かな、とろとかうまいのにね
あとはねー、木賃宿っていって、これはまあ素泊まりの、西成とか南千住とかにいまもありますね、そういうのが定宿の、ほんとうにびんぼうのびんぼうな人のねぐら、のみとかすごかったんだってさ
やだねー
かごかきが人力車やさんになって、社会的地位もさがって、そういうとこにおちついて、江戸時代はよかったーなんてかたるわけです、明治初期ってのはなんか華やかなところばっかり有名なのですが、あー、そうだこういうところもあるんだよなあーって思いながら、よみました

鍵穴から覗いたロンドン
そのものずばり、ヴィクトリア朝のエログロナンセンスをつらつらーとかいてある本です
ようするに19世紀ロンドンの、庶民の、ちょっとおおっぴらにはいえないようなこととかをまとめた、ってかくとなんかどうしようもないかんじですが、わたしはこういうところから歴史はつくられると思うので、こういう本はすきです
けしてわたしがえろいとかではないです
ヴィクトリア朝ってのはとてもお行儀のよい社会、ていうかお行儀よくすべきであるという圧力がものすごかった時代とでもいいますか、紳士たるもの淑女たるものというのがことさらに強調された社会なのですが、人間ってのはやっぱりあれですね、どうしても、だめなところはだめなもので、こっそりやることはやってたよーっていうおはなしでした
まあこういうのはこっそりやるからいいともいう
かくれてたばこすったりするようなものなのかな、わたしはよくわかりませんがー

お父さんたちの好色広告
えー、と、なんか、えー、わたしたちはでらべっぴん世代ですが、そのまえの、お父さんたちの時代の、なんていうのカストリ雑誌っていうの?そういうのに掲載されていたいかにもな広告をピックアップしてるっていう、こう、時代をかんじさせる本です
けしてわたしがえろいわけではなくて、そう、これは歴史のべんきょうなんです
しかたがない

大正時代の身の上相談
いまでも新聞に「わたしはどうしたらいいでしょう」的な相談コーナーがあるよね、それの大正版です
なんかこうー、だいたいが色恋のはなしばっかりなんですが、いわゆる貞操観念ってのがはんぱねーっす
接吻されてけがれてしまいましたわ、よよよ…とか言ってます
そのくせ妾がいたりとか誘惑されてどうしたこうしたとか、いったいどっちなんだ、なんてそのー、あれですね、いまより世間の目がきびしい時代だったんだろうなあー
ヴィクトリア朝のほにゃららとかぶるかもしれません、文明的な理性的な生活を理想とするというかなんというか
文化包丁とかそんなフィーリングでつけられたんだろうなあ、なんでも文化ってつければいいっていう、そんなかんじがします
あとはですね、その、メディアリテラシー
こんなことまで相談しますか!っていうようなあけすけな相談がおおい、これは、やはり全国紙にのせていいものとわるいものと、あとこれ恥ずかしくね?っていう判断がむかしの人は、まだできてなかったように思います
デモクラシーとはおくがふかい

戦時下のアルザス・ロレーヌ
対独協力の歴史
フランス人がかいたいわゆるヴィシー政権とかそういうのの総括っぽいやつ二冊
アルザス・ロレーヌはドイツに編入されてるのでヴィシーとは関係ないですが、まあかいた人の感性からしておなじようなもんだろうということでまとめました
そもそもナチスが政権をとってからドイツ国内では強制的同一化ってのが進行していた、いわゆる中世的な諸邦独特のなにがしは失われていったという背景がありまして、アルザス・ロレーヌについてもその延長線上にあったのかなあーと、まあそんなかんじ
ヴィシーについてはー、まあこれ、レジスタンス「神話」なんていうくらいですからね
いわゆる行政官庁はそのまんま、政策のでどころがかわっただけっていうか、市民もまあ、てきとうにあしらってたんだなあーという、まああれ、勝馬にのりたがる人ってのはどこにでもいるわけで、いちがいにどうだったこうだったということはできません
ただもっと抵抗してるのかとは思った、抵抗までいかないにしても、サボタージュ的ななにか、そういうのはあんまりないんですね
ふつうにはたらいてたっていうかんじ
ドイツの占領政策もわりとおだやかだったっていうのもあるのかもしれんけど、んー、白人どうしだからかな、いがいと、むちゃはしてない
ていうかヴィシー政権のほうがおべっかつかっていろいろしてる
へんなの

とまあ、かようにわたしはまったく趣味的なものしかよんでないのであるよ
あたまのなかでさー、その時代をつくるのがすきなんですね、たぶん
いろいろよんで、しらべて、こうだったのかな、こうだったんじゃないかなって、のうみそのなかで箱庭をつくって楽しんでるような感覚です
そんなかんじ



ああ、かなーり自分だけのにっきになってしもうた
まいいや、あしたはよろしくおねがいしますー
11:28  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

せーらうぇい!(訳:お邪魔します

>鍵穴から覗いたロンドン
面白そうですねコレ…タイトル覚えとこうっと。
歴痴ですがふうぞく史は興味あります…えろすにも興味あります…(何か言った





…ふうぞくの漢字が禁止キーワードに引っ掛かりました(-"-;)
違うのにーorz
Qentro |  2009.11.15(日) 00:13 | URL |  【編集】

だけどなんとなく空みあげちゃうんでしょ?

先日は対戦乙でした!
逆転ラウンドエンタメ2歴地社2に分かれたところまでは激アツだった
後のことは忘れました

このたび引越しまして、今までの店舗プラス上野、浅草あたりでも押すと思いまする

今後ともヨロシクです~
うんち |  2009.11.17(火) 02:36 | URL |  【編集】

90年代を忘れられなくて。

>Qentroせんぱい
すぴーどふりーくそべべろけっだい!(訳:いらさいー)

鍵穴から~は文庫本だし、なんかのついでにちょろちょろっと読んで、ああ、どんな時代でも、人間というのはほんとうにどうしようもなくて、そしてかわいいなあーと思えるので、おすすめです
そしてけっこういまのジャパンにつながったりしなく…もないのかな?
わたしそういう比較は基本しない派なのですが、ちょっとヴィクトリア期のイギリスは、なんか連想させる部分が多くて、考えさせられました
えろいとことかね(そこかよ)

歴史はちょっと…ってのはあれです、学校でならう歴史ってつまらんとこばっかりやるからです
じつはおもしろいんだぜ…!

>学園長さま
こちらこそどもー!
わたしはきっちりおぼえてますよ、なんていうのかな、わたしは、あれでよかったのか…という反省こみで、もうきっちり(T_T)

そしてなるほど、ひっこされたんですね、どうりで!
わたしはあのゲーセンからっていったらあの方かあの方かあの方かなーとか思いこんでましたものですから、まさかの「ラんちさん」登場で、思わず吹きました
てか地理的にはあんまり変わってないじゃないですかというツッコミがしたくてしかたがないのですが(笑)、やはり転居となると環境の変化とかいろいろありますしね、なかなか、大変かとは思われますが、とにかくがんばれー!
まずはごみだしの日をおぼえるんだ!
あと役所がめんどくせくていらっとするけど、がまんだー!
(まったく役に立たない人生の先輩)
Anne |  2009.11.17(火) 10:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://lovelovegreengables.blog53.fc2.com/tb.php/126-4138d2a1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。